<button id="a1wg6"></button>
  • <track id="a1wg6"></track>
    1. <acronym id="a1wg6"></acronym>
      <strong id="a1wg6"><blockquote id="a1wg6"></blockquote></strong>
      <ol id="a1wg6"></ol><span id="a1wg6"></span>

      <acronym id="a1wg6"></acronym>
      <span id="a1wg6"><sup id="a1wg6"></sup></span>

        mandom - 株式會社マンダム

        Customer Supportお客さまサポート

        Q&AQ&Aを探す

        [安全性]のQ&A

        パッチテストって何ですか?

        パッチテストは、ヘアカラー剤を使用することで、かゆみやかぶれ、刺激などを起こす體質であるかどうかを調べるテストです。テストの方法は、少量の液剤を腕の內側等につけて、48時間以內に癥狀がでないかを確認します。
        食品や醫薬品などでアレルギーを起こす人がいるように、まれに化粧品?醫薬部外品でアレルギー反応を起こす人がいますので、事前にテストをすることにより肌トラブルを回避することができます。
        また、過去にヘアカラー剤でかぶれた方は、次回からもかぶれますので、絶対に使用しないでください。

        パッチテストで、安全に
        いろいろなオシャレを楽しめます。

        近年、ヘアカラーは、ファッションの一つとして多くの人に楽しまれています。また、白髪をかくすだけでなく、髪を軽く見せるため、イメージチェンジ、ファッションの幅を広げるためなど、いろいろな目的で使われています。

        ヘアカラー剤は種類も豊富で、化粧品で毛髪を一時的に著色するものや、醫薬部外品で2?3ヶ月間染めるもの等があり、好みやライフスタイルに合わせお選びいただけます。

        マンダム お客さま相談室では、安全にヘアカラーを楽しんでいただけるように、「ご使用前に必ずパッチテストをしていただくこと」をお願いしています。


        ヘアカラーにより、かぶれ、濕疹、腫れを
        起こすことがあります。

        大切なお顔や頭皮に、癥狀がでることをご存知でしょうか?

        ヘアカラー剤は、まれに肌のかゆみ、かぶれ、濕疹、腫れ等のアレルギー反応を起こすことがあります。
        また、その中でもヘアカラー剤(永久染毛剤、酸化染毛剤)は、他の染毛剤と比べてアレルギー性接觸皮膚炎を引き起こしやすいことが報告されています。

        それは、ヘアカラー剤が「危険な商品」「怖い商品」だからではなく、食べ物でも、小麥粉や卵、蕎麥でアレルギーを起こす方がいるのと同様に、個人々の體質にその成分が合うのか合わないのかということです。


        関連商品

        このFAQはお役にたちましたか?

        この情報についてご意見等がございましたら、お聞かせください。

        ご回答いただきましてありがとうございます。
        今後の參考にさせていただきます。

        ※400文字以內でご入力後、送信ボタンを押してください。

        ※なお、このフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません?;卮黏颏聪M螆龊悉?、恐れ入りますが、下記お問い合わせフォームからお問い合わせ願います。

        上記回答にて解決しない場合は、お客さま相談室にお問い合わせください。

        お問い合わせフォームへ

        キーワード検索

        国产在线 五月天激情电影,在线福利,亚洲国产中文在线视频免费,亚洲观看视频在线,日韩欧美一中文字暮2019